注目キーワード
  1. 転職
  2. 悩み
  3. お金
  4. 体験談
教師からの転職で 不安に思う事 まとめました

【不安解消】教師・教員の転職は不安?気になる情報まとめ

教師からの転職で 不安に思う事 まとめました

民間で働いていたとしても、おいそれと踏み切ることが難しい転職

民間経験の乏しい教員ならなおさら

男性シルエット
ろくに就活したことないし、不安。
女性シルエット
教員から転職して、うまくやっていけるのだろうか?

なんて、不安になりますよね。

 

そこで、この記事によって

教員の転職につきまとう不安を、解消していこう

と思います。

元高校教師の私の経験を元にね。

 

取り急ぎ、教員の転職で必要になってくるのは情報収集。

そのために、無料登録サイトで登録だけしておくってのはアリですよ。

私は勢いで登録しましたが、いつでも辞められるんだ! って思えるようになって気が楽になりました。

 

>>教師・教員にオススメの転職サービス・エージェントまとめ
関連記事

今すぐの転職を考えている、あなたも。 教師を辞めても、やっていけるのだろうか?と、不安になっているあなたも。 教師は民間経験が(ほとんど)無く、転職にすごい不安[…]

転職サポート 会社徹底比較

 

教員が転職を意識するのは、20代後半から30代がメイン?

教員の転職はいつがベスト?

こんな疑問、あなたは抱いていませんか?

男性シルエット
今の職場に疑問を抱いたり転職を意識しだすのって、いつ頃なんだろう?
自分は遅いんだろうか(または早いんだろうか)って、不安になりますもんね。

 

辞めたいと思ったキッカケは、さまざまでしょう。

人によって転職したい程度や深刻度もバラバラです。

 

そこでまず

いつごろになったら、転職を意識するのか?

この疑問や不安を解決します。

 

転職する人の平均年齢は、アンケートによると30代前半

日本最大級の転職サイトDODAが実施したアンケートによれば

  • 転職する人の平均は、32.1歳。
  • 10年前では、29.1歳。

参照 転職成功者の年齢調査(2017年下半期)

これが、平均年齢だそうです。

 

どうですか。あなたの年齢に近くないですか?

20代の後半〜30代にかけて、転職を考え始めるんです。

教員も同じなんですね。(私は32才で。)

 

>>20代教師の転職について
関連記事

いざ教師として働き出したものの思っていたのと違う。私は教師に向いていないのかも?そう感じてしまう20代は、多いようです。 学生の頃とは違い、教師の立場にな[…]

20代教師に おすすめの 転職サービス

 

20〜30代の教員って、どんな立場?置かれた状況は?

転職がチラつく30歳前後の教員って

  • 初任者研修が終わって数年、担任をもつようになって3〜5年経った頃
  • 目の前の仕事を、一生懸命こなすだけの日々に疲れ始める頃
  • あなた自身や友人たちの生活環境が、ガラリと変わる頃

なんですよね。

 

特に、生活環境が変わるのは結婚がキッカケになる人も多いと思います。

教員って、20代後半に結婚する人も多いですからね。

 

>>教師と生徒で結婚するのは、50人に1人?

 

教員として働き始めて3~5年、理想と現実のギャップを感じ始めた頃。

教員も多分にもれず

20代後半から30代が、自分の人生を見つめなおす

と言えそうです。

 

そんな時期だからこそ、自然と「転職」がちらつくんでしょう。

>>教師・教員にオススメの転職サービス・エージェントまとめ
関連記事

今すぐの転職を考えている、あなたも。 教師を辞めても、やっていけるのだろうか?と、不安になっているあなたも。 教師は民間経験が(ほとんど)無く、転職にすごい不安[…]

転職サポート 会社徹底比較

 

教員は途中で辞める人が少ないから、転職が不安?

辞表

女性シルエット
教員を辞める人って多いの? 
教員の離職率は5%を切ります。

 

教員の離職率は5%未満だから、情報が少なくて不安になる

平成26年度「公立学校教職員の人事行政状況調査について」などの資料を参考に、退職者割合のグラフを作成しました。

教員の退職割合

詳しくは「教師を辞めたいと考えているあなたに」で話していますが、教員の離職率は、5%を切ります。

しかも辞める人の半数以上は、定年退職です。

 

安定と言われている教員(公務員)を途中で辞めようと思う人は、本当に少ないです。

なので、似たような境遇の人を見つけるのはなかなか難しい。

それゆえ、教員からの転職希望者は孤独になりがちです。

 

教員から転職した人たちの体験談も集めておきました。どうぞ参考になさってください。
>>教師から転職体験談まとめ
関連記事

教師という仕事に憧れややりがいを感じて働いてきたものの、時代が変わって教師に魅力を感じなくなる。その結果以下のような原因で、教師から転職をしたくなるでしょう。 長時間勤務 部活動指導 変形労働時間制(働[…]

教師からの転職体験談のまとめ

 

教員の離職率が低いのは、失うものが大きいから?

安定と言われている教員からの転職で、いまいち踏ん切りがつかない人。

おそらくこんな考えがあるんじゃないですか?

女性シルエット
教員を辞めると、失うものが多そうだよ…。

って不安。

 

教員をやめて失うものは、やはり

  • 安定した給料(ベースアップ)
  • 退職金
  • 社会的信頼性

これらは失う可能性が高いです。

 

かと言って、これらは教員だけの専売特許というわけでもないので、いかようにもなります。

 

詳しくはこちらの記事にまとめましたので、辞めて失うものが知りたい方は参考にしてみてください。

>>教師を辞めて失うものとは?

 

教員が、転職に踏み切る理由ってなんなの?

教員から転職したいと思うキッカケ

民間の場合「スキルアップ・好条件・高待遇」といったポジティブな転職も多いです。

しかし教員で転職がよぎるのは、ネガティブなきっかけが多いハズです。

 

教員の転職で多い理由は、健康上の問題

教員の転職理由は様々ですが、個人的な印象、自身・周りの経験、データ等を参考にすれば

  • 体調不良・健康上・精神衛生上の問題など、心身のトラブルによるもの。
  • 理想と現実のギャップ。特に生徒・保護者とのトラブルが発端となっているもの。
  • 親や周りに流されて教員になったが、自分のやりたいことや将来を考えた。または見つけた。

このあたりに集約されます。

 

特に、健康上の理由は見過ごせません。

 

さっきのグラフで用いた資料によれば、教員はここ数年、毎年5,000人ほどの人が「精神疾患で病気休職」しているようです。

 

教員を辞めたいと思う人に向けて、詳しくまとめました記事はこちらです。

教員を辞めようかどうか悩んでいる人は、ご一読ください。

>>教師を辞めたいと考えているあなたに
関連記事

安定な職業と言われる教師といえど 仕事や人間関係のストレス ブラック企業のような働き方(長時間勤務) ステップアップできない(しにくい) 公務員体質にうんざり(慣習を断てない) 何でも屋になっている[…]

教師を辞めたい

 

なりたい将来像を明確にしたから、転職を決意できる

希望

教員を辞めて転職しよう! と行動に移せる人は

  • なりたい自分を想像したから。
  • 目の前の仕事に没頭して、10年後笑っていられるかを真剣に考えた。

こんな人が多いように感じます。

 

自分の人生・楽しさと、教員としての夢・現実を天秤にかけて、どちらを大事にしたいか。

自分の中で「将来こうなりたい!」という、明確な答えが出た。

だからこそ、転職にまで踏み切れるようです。

 

前向きな意思がないと、転職しても後悔しちゃいます。

反対に。

変わりたい! と願う意思がはっきりしている人ほど、教員からの転職が上手くいっています。

 

教員を辞めて、後悔しないの?

教師を辞めたい

女性シルエット
教員を辞めて、転職したとしても後悔したくない!
教員からの転職を成功させるために、必要な考えをまとめていきましょう。

 

後悔しないためには、民間とのズレを意識すること

教師と民間のズレ

当たり前の働き方だと思っている教員の仕事のスタイルは、多くの民間企業と違う働き方です。

教員のような働き方ができる仕事が無いので、教師は潰しが効かないとさえ言われてしまいます。

 

  • リーダーシップを発揮できるはずなのに、思うように仕事ができない。
  • 全て「自分中心で」仕事が回っていた、という経験が当たり前。
  • お金の価値観が違いすぎる。
  • 知らず知らずのうちに、教員でしか通用しない働き方になっている。

こんなことは、結構多いです。

 

まずは、教員から転職すると今までの働き方とは変わるんだ、という考え方を持つことが大事です。

一番苦労するのが、努力と結果でしょうか。

 

教育現場は努力を評価する場面が多いです。(あなたも慣れています。)

それ故、あなたも「あなたの努力を評価して欲しい」と考えるコトが、多いです。

しかし民間の多くは「結果を評価」します。

 

客観的な事実・具体的な結果に基づいて、あなたが判断される

これに気づいて欲しいです。

 

教員時代は努力も認められたが、民間では結果が求められる。

覚えておきましょう。

ズレを知っていることで、教員から転職しても後悔することは随分と減るはずです。

 

詳しくはこちらの記事にまとめてありますので、ご覧ください。

>>教師と民間でズレているところ
関連記事

教師は一年目から、責任の重い仕事を自分中心で回さなくてはなりません。担任業務や部活動の顧問など、どれも責任重大の業務です。 でもこんな働き方、教師以外にはほとんど存在しません。[…]

教師と民間のズレ

 

教員のキャリアが活かせるのは、コミュニケーションを活かす職業

学習塾

一般的に、教員のキャリアがダイレクトで活かせるのは

  • 塾講師
  • 保育士
  • カウンセラー
  • インストラクター
  • 営業職・人事職・事務職

このあたりでしょう。

 

総じて、教員に向いている職業は

コミュニケーションを通じて、働く職業

と言えそうです。

 

そんな職につければ、教員を辞めても後悔は少ないでしょう。

 

あなたのキャリアにあった転職先を探す(見つける)のは、一人では難しいです。

資格を持っていないならなおさら、客観的に判断できる材料が乏しいですからね。

やはり、専門家の力は借りた方がいいでしょう。

>>教師・教員にオススメの転職サービス・エージェントまとめ
関連記事

今すぐの転職を考えている、あなたも。 教師を辞めても、やっていけるのだろうか?と、不安になっているあなたも。 教師は民間経験が(ほとんど)無く、転職にすごい不安[…]

転職サポート 会社徹底比較

 

本気で経営ができるなら、独立開業もありかも?

先ほど、教員からの転職でおすすめはコミュニケーションを活かすような職業と言いました。

ただ、民間では一年目からバリバリ仕事を任せてくれる、という仕事はほとんどありません。

 

ましてや、教員という仕事をしてきた人に対して

男性シルエット
勉強しかしてこなかったんでしょ? 
男性シルエット
実力(手に職)もないんでしょ?

こういった色眼鏡で見られる部分が多いことも、否定できません。

 

そうなってくると、独立開業や自営業の選択肢も出てくるかもしれませんね。

そんな一国一城の主を目指してもいいかな? と考えるあなたに向けてまとめた記事がこちらです。

>>元教員におすすめの起業は?
関連記事

教師からの転職で、自営業や独立開業(以下、起業)を考える人も多いと思います。リーダーシップ発揮して働こうとすると、どうしても誰かの下に付くのは難しいですからね。 ただし、おいそれと始めら[…]

教師から起業するには?

 

リーダーシップを存分に活かそうと思うと、誰かの下についてやるじゃなかなか難しいですからね。

本気で経営を考えられるなら、独立開業もありかもしれません。

 

教員から転職するために、やらなくてはいけないことって何?

教員の転職でやるべきこと

男性シルエット
転職活動なんてやったことないから、何から始めたらいいのかさっぱりわかりません。

 

みんなそうです。(教員に限らず。)

始めの一歩として何するべきか、わかんないですよね。

 

これより、教員から転職するためには何から始めると良いか見ていきましょう。

 

転職サイトに無料で登録

サイト入力

実際に私がそうだったんですが、教員を辞めようと決意した時すぐに転職サイトに登録をしました。

これにはいくつか理由があります。

 

転職を成功させる秘訣は

前職を続けながら、次の職場を探すこと

です。

 

辞めてからでは不安に押しつぶされて、精神衛生上よろしくありません。

 

しかし、転職サービスに登録だけでもしておくと(パートナーがいてくれることで)情報収集が容易になります。

激務をこなす教員には、なおさら恩恵がでかいです。 

 

転職サービス等を利用するメリットは、次のようなメリットもあります。

 

もし、自身のみで転職情報を収集しようとしていると

  • 情報誌を買っているとき
  • ハローワークで求人を見ているとき

こんな時に、生徒や保護者にその姿を見られる危険性もあります。

 

もしそんな情報誌を買っているところを見られれば

嫁のやつです。

とか言い訳しなくちゃいけないんですよ…。(実話ですw)

 

最後に、転職サービスに登録をおすすめする理由が、孤独からの開放です。

というのも、教員からの転職は孤独になりがちです。

そもそも教員から転職する人自体、そういませんからね。

 

民間の経験もない。

案外、教員の仕事を辞めたら自分に何が残るのか? すら思いつかないのが、教員です。

 

だからこそ、教員が転職したいと思った時に

  • パートナー探し
  • 情報収集

これが、教員からの転職を考えたとき、踏み出すべき一歩目になります。

 

>>教師・教員にオススメの転職サービス・エージェントまとめ
関連記事

今すぐの転職を考えている、あなたも。 教師を辞めても、やっていけるのだろうか?と、不安になっているあなたも。 教師は民間経験が(ほとんど)無く、転職にすごい不安[…]

転職サポート 会社徹底比較

 

一口に転職サイトと言っても、大きくは

  • 求人サイト
  • 転職エージェント

の2つに分けられます。

 

違いはこちらの記事で解説していますので、違いをよくご存じない場合はご覧ください。

>>転職サービスと転職エージェントの違いとは?
関連記事

転職活動を行うのに、個人では限界があります。忙しい教員なら、なおのこと。 ってことで、転職サイトに登録をしようと思うわけですが…。 転職サイトとエー[…]

転職サイトとエージェントの違い

 

ちなみに私は、教師を辞めたいと思ってすぐにこのエージェントを利用しました。

利用してよかったですよ。登録も簡単でしたから。

リクルートエージェント
5

業界大手のリクルートが運営する転職エージェント。
私が転職を決意した際に、登録したサイトです。
10万件以上の非公開求人を扱っているので、本サイトで一番利用者が多いのも頷けます。

 

客観的に評価してもらうため、転職前に資格は取っておく

教師におススメの資格

教員からの転職が難しいポイントとして、初見であなたの評価をしにくいってのがあります。

 

平たく言えば

あなたは、何が出来る人なのか?

ということが、すぐに分からないと言うことです。

 

民間からの転職であれば

  • 任されたプロジェクト内容や、その実績
  • 地位や役職

など、面談をしなくても履歴書の段階である程度把握出来ます。

もしくは面接で、直接これまでの取り組みについて聞くことが出来ます。

 

しかし、教師には一切実績がありません!

 

しかたがないことです。

  • 生徒の成長は、お金に換算できない
  • なにより教師は、売り上げを意識しない
  • 係長や課長なんかもない

要は、客観的にあなたを評価するものさし・・・・がない、ってことなんです。

 

学校現場に居るから錯覚しがちですが、努力を評価するのは基本的に学生までです。

女性シルエット
私は教員として、〇〇ということをしてきました。

と伝えても、 (目に見えない)あなたの取り組みや経験を、適正に評価してもらうのはなかなか難しいんですよね。

 

そこで、資格取得です。

 

教員の多くは、教員免許と運転免許以外に資格を取得していないです。

言葉を足せば、教育に関わるコト以外の資格を持っていない、ということ。

 

時間的余裕はなかなか無いかも知れませんが、金銭的余裕なら無職よりもあるハズです。

正しくあなたが評価されるためにも、また自分に自信をつける意味でも、今からスキルアップをしておきましょう。

 

退職届とかは、どう書いたらいいの?

教師の辞め方

女性シルエット
教員を退職するってこと、どうやって伝えるの?

 

最終局面ではありますが、いざ具体的に退職を進めるのって順番やら手順がわからないものですよね。

別記事にまとめましたので、教員からの転職活動が終盤を迎えたらお読みください。

>>教師の辞め方、抑えるべきポイント
関連記事

  やりがいを感じられなくなった。 精神的につらくなった。 他にやりたい事を見つけた。などなど、現在の仕事を辞めたい! と思っても「いざ辞めよう!」と思うと何から始めればい[…]

教師の辞め方

 

教員からの転職について、まとめ

教師からの転職で 不安に思う事 まとめました

最後に、本日のまとめや伝えたいことを書いていきます。

 

まずは教員からの転職を意識した場合あなたがやるべき事

  1. 辞める前に、本当に辞めるしか道が無いかちゃんと考える
    教員を辞めずに、今の状況を変える方法があるかも知れません。
    >>教師を辞めたいと考えているあなたに
  2. 10年後、なりたい自分を想像する。
    今歩んでいる道の先に、笑顔の自分がいますか?
    >>これからの教師に求められるものとは?
  3. 自分のしたいこと・強みなど、主観的・客観的に自分を見つめ直す。
    資格を取得する、キャリア診断を受けることもオススメです。
    >>教師におすすめの資格とは?
  4. 情報収集・パートナー探しをし始める
    >>教師・教員にオススメの転職サービス・エージェントまとめ

 

くれぐれも、一人で悩まないこと

これ、大事です。

 

次に、自己PRに繋げられそうな教員の長所や特徴について。

 

相手が未成年(定時制なら社会人もいますが、まぁそれはおいといて)とはいえ

  • 誰かに何かを伝えること
  • 人をまとめること

これらを得意としています。

 

身体にしみついてきた、仕事のやり方としては

  • リーダー性やコミュニケーション能力を発揮するような仕事
  • 自分中心で回るような仕事
  • 自分のしたいことがあったときに自分の責任で自由にできるような仕事

以上のような仕事のスタイルです。

 

民間でもすぐに通用すると思ってしまうとズレているところなので、そこは注意が必要!

 

教員からの転職は、情報が少ないので不安や疑問が多くなります。

だからこそ、孤独も感じやすいです。

この記事が教員からの転職に際して、ヒントになれば幸いです。

 

リクルートエージェント
5

業界大手のリクルートが運営する転職エージェント。
私が転職を決意した際に、登録したサイトです。
10万件以上の非公開求人を扱っているので、本サイトで一番利用者が多いのも頷けます。