教師がビズリーチを利用する上で知っておきたいこと

元教師がビズリーチを使って転職するために、知っておきたいこと

教師がビズリーチを利用する上で知っておきたいこと

この記事では

  • 教師から転職したいけど、収入は減らしたくない
  • CMでやっているビズリーチって、教師も使えるの?

こんな考えや疑問を持っている公務員や教師のあなたに向けて、ハイクラス転職エージェント「ビズリーチ」を利用して転職する時に気をつけたいことや知っておいてほしい内容についてお伝えしていきます。

 

結論|転職希望の教師のうち、ビズリーチを利用して転職することが向いている人はこんな人

公務員や教師からビズリーチを利用して転職することをおすすめできる人のタイプ

転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】はハイスペックな人材を得られため、業界では後発でありながら、さまざまな企業で利用されるようになりました。

ポイントになるのはスカウトを主な求人の手法として設定していることです。

 

登録した人は、自分の所望する希望年収や働き方を記入できます。

もちろん民間未経験の公務員や教師から転職しようとしているので、希望のすべてが叶うわけではありません。

それでも他の転職サービスよりは、希望に近い形の転職先が見つかる可能性が高くなります。

 

ハイクラスを中心に求人を用意されているので、キャリアが充実してくる40代前半ごろまでの公務員や教師たちがターゲットになります。

言い換えると、自分の収入や労働スタイルに強いこだわりを持っている公務員や教師なら20代〜40代まで利用できるということです。

例えば教師からの転職先で多いのが、家庭教師や塾講師。ビズリーチにもたくさん求人があります。
ビズリーチの教授・准教授・教諭の転職・求人情報
出典:ビズリーチ

 

こちらの要望を見たうえでスカウトしてくれるので、希望から大きく外れる雇用契約を結ぶことは基本的にありません。

  • 部活の顧問を担当せず、塾講師として科目の指導だけに専念したい
  • 公務員や教師で学んだリスクマネジメントや企画力を活かして、他業種で活躍したい

など、現在の職場では不可能な働き方も、転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】を使用すれば叶えられることが多いです。

ビズリーチ
5

BIZREACH

CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。
平均年収650万円の教師を辞めて新たな道に挑戦するなら、「高収入」は譲れないポイントですよね。
教師からの転職として安心なところは「教育・官公庁」など、公的機関にも関係する求人があること。
年収が下がるという転職の常識を打ち破ってくれるのも、教師からの転職として非常に魅力的です。

教師時代の収入を維持またはアップさせやすい|おすすめ理由その1

教師は辞めたいけど収入は減らしたくないどうしたら良いの?

さまざまな転職エージェントや転職サイトがあるなかで、転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】がよく選ばれることには理由があります。

これまで経験したことの業界で、前職やこれまでに身につけたスキルや能力を活かして活躍できる可能性が高くなることです。

しかも扱っている求人は、高収入や高待遇のものが多い。

ハイクラス転職のビズリーチであれば、教師の経験を他で活かせるような業種・職種で転職先を検討できます。職務経歴書をしっかりと入力すれば、自分にマッチしそうなものを提案してくれたり、プラチナスカウト(面談が確約されたスカウト)が来たりするからです。もちろん、自分で探すこともできます。

そうやって見つけた求人票のどれもが年収アップの可能性があり、交渉次第では最初から役職に就けることもあるでしょう。

職種を変更すると収入が減る・・・・・という転職の常識・・・・・は通用しません。 

 

他の転職サービスを使用した場合、年齢やキャリアにもよりますが下積みから始めるのが一般的です。

経験を重視する日本のビジネスシーンでは、当然と言えるかもしれませんね。

「下積みからでも構わない!」そう思っていざ転職してみても

女性困り顔
思ってたのと違う。

と感じて、再度転職を検討することになるのは珍しいものではありません。

特に教師は誰かの下について働くということに慣れていないので、年収や役職が低い状態で転職するとギャップが大きく感じられるのかも。

 

ゼロからのやり直しに辟易し、教師に戻りたいと考えることもあると思います。

それはそれで(教師がやっぱり好きだと気付けるので)良い気もしますが、長期的な視点で考える場合、何度も何度も短期間で転職を繰り返すのは避けた方が良い場合が多いです。

その点、初めから高収入・高待遇を確保しやすいビズリーチは、大きなメリットになります。

 

ハイクラスの求人を他のサイトよりも多く有しているビズリーチだからこそ、教師時代の年収を維持したい!と考えている人には有利に働くことが多い転職エージェントになります。

ビズリーチ
5

BIZREACH

CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。
平均年収650万円の教師を辞めて新たな道に挑戦するなら、「高収入」は譲れないポイントですよね。
教師からの転職として安心なところは「教育・官公庁」など、公的機関にも関係する求人があること。
年収が下がるという転職の常識を打ち破ってくれるのも、教師からの転職として非常に魅力的です。

採用する側も好条件を提示しやすい状況|おすすめ理由その2

教師がビズリーチを利用するメリット

CMなどでも謳っているように、ビズリーチに掲載されている求人は、他の転職サイトと比べて格段に待遇や条件などが高いです。

まるで薄利多売のように手当たり次第にエントリーしていくような転職活動と違い、この特徴はビズリーチの代名詞といっても過言ではありません。

とはいえ非公開の募集がとても多いため、登録しない限り得られないチャンスが豊富にあります。

 

もちろん他の転職サイトと被っている案件もありますが、ここにしか申し込んでいない企業も少なくありません。

転職者にとっても求人を出している企業にとっても、ハイスペックな応募者が多いという評判が業界に広がっているからです。

評判が良いことは、業績にも反映されているようです。
ビズリーチの業績
出典:業績ハイライト(VISIONAL)https://www.visional.inc/ja/ir/highlight.html

したがって他で気に入った求人が見つからなくても、転職を諦める必要はないでしょう。

転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】を利用すれば(登録すれば)、これまでに見たことがないような求人や条件に出会えるかもしれません。

 

とはいえ、手あたり次第応募するスタンスは適切ではありません。ビズリーチは数ではなく質で勝負することが基本的な方針だからです。

企業にとってもそれは同様であり、確実性の高いマッチングを望んでいます

多くの人に見られない非公開求人にしているからこそ、企業側も特別な条件をいろいろと設定しています。

汎用性の高いものでない分、自分とだけ深くマッチするような可能性もあるということです。

採用する側にも浸透しているってのは、利用者にとっては大きなメリットだよね。
ビズリーチ
5

BIZREACH

CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。
平均年収650万円の教師を辞めて新たな道に挑戦するなら、「高収入」は譲れないポイントですよね。
教師からの転職として安心なところは「教育・官公庁」など、公的機関にも関係する求人があること。
年収が下がるという転職の常識を打ち破ってくれるのも、教師からの転職として非常に魅力的です。

 

ランク別対応とプラチナスカウト|おすすめ理由その3

ビズリーチの無料会員と有料会員の違い

転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】のプランには、スタンダードとプレミアムの2つがあることも特徴の一つです。

両者にはさまざまな点で違いがあります。
※金額等は執筆時点でのもの(2022年4月)

プランスタンダードプレミアム
費用無料有料(2種類)※共に30日間利用
・3,278円(税込)
・5,478円(税込)
閲覧制限プラチナスカウトのみ、閲覧可能非公開求人や全てのスカウトを含む、全ての求人やスカウトを閲覧可能
応募制限プラチナスカウトにのみ、応募可能全ての求人やスカウトに応募可能
その他なしビズリーチプレミアムの各種コンテンツを利用可能

 

スタンダードにはいくつかの制約があるので、本格的に活動したい人は物足りない場合もあるでしょう。

男性普通顔
一度、無料で様子を見たいな。
女性普通顔
ビズリーチ以外も利用しているから、情報だけ集めたいな。

そういう人ならとりあえず無料会員で始めてみて、プラチナスカウトで良いものが来たら対応していくというスタンスで問題ないと思います。

女性困り顔
「プラチナスカウト」って何?
ビズリーチの代名詞でもある、ヘッドハンターからの直接のスカウトのことです。

プラチナスカウト
国内外の優良企業と、厳正な審査をクリアした一流のヘッドハンターが、あなたの職務経歴書を見て直接スカウトします。受け取ったスカウトは、転職活動のきっかけになるだけでなく、ご自身の市場価値を理解するのにも役立ちます。

引用 ビズリーチ

 

無料会員に対してもヘッドハンターかのスカウトが来る場合がありますので、無料会員だからと言って転職活動が進められないということはありません。

しかし求人への応募に関しては、一部のものしかできない制約もあります。

それに対してプレミアムの有料会員は基本的に制約がありませんし、求人に対する応募も自由に行えます。

さらにスカウトへの返事にも制限がありませんし、ヘッドハンティングに対するアプローチも可能です。

 

30日間利用して税込3,278円〜5,478円ほどかかるので、そのコスパをどう考えるか…。

1日あたり100円前後で、転職先の質や条件が良くなるのであれば(本気で転職する気があるのならば)利用する価値はあるかなと感じています。

なんと言っても

  • 激務をこなしながらの転職活動の時間を、大幅に短縮できること
  • 戦略の幅が飛躍的に広がること

これは教師や公務員にとっても大きなメリットであり、満足度の高い勤務先を選択しやすくなるからです。

ビズリーチならコストをかければ手間と時間が省ける

転職活動は平均で2ヶ月〜3ヶ月ほどは継続すると思うので、トータルだと1万円前後かかるかもしれません。

安くはないですが、教師の給料を考えると高すぎるという感じもしないと思います。

 

それよりも1万円前後かけて時間と手間が省けるのであれば(個人的には)コスパは良いのではないかなと思います。

他のサイトよりも高収入や高待遇の求人も多いですから。

自動更新ではないので、いつでも辞められますしね。

ぜひあなたも、ハイクラスランクの会員登録も検討してみてください。

ビズリーチ
5

BIZREACH

CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。
平均年収650万円の教師を辞めて新たな道に挑戦するなら、「高収入」は譲れないポイントですよね。
教師からの転職として安心なところは「教育・官公庁」など、公的機関にも関係する求人があること。
年収が下がるという転職の常識を打ち破ってくれるのも、教師からの転職として非常に魅力的です。

ビズリーチを使う上で注意したい点

教師がビズリーチを使う上で気をつけた方が良いこと

転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】は頼もしい転職エージェントであるのは確かです。しかし、誰でも希望どおりに転職できるとは限りません

そのリスクを少しでも減らしたいなら、デメリットも把握しておきましょう。

 

最も大きいのは、自分のレベルに起因するミスマッチです。

要するに自分にスキルがなければ、正直ハイクラスは厳しいってこと。

前述のように、ビズリーチにはハイスペックの求人が集まっています。

したがって自分のスペックが低すぎる場合は、企業やヘッドハンターの目に留まらないことがよくあります。

女性困り顔
スペックなんて上げようがないじゃない。
教師の仕事は、教師以外の人には伝わりにくいからね。資格取得や職務経歴書の書き方の工夫は必須かな。

参考:教師・教員からの転職を成功させるために必要な、職務経歴書の書き方

 

職務経歴書をアップロードしても、ヘッドハンターの人たちが見て魅力を感じなければスカウトの声がかかることは期待できません。

したがって自分のスキルや資格の棚卸しをおこなって、企業側の要求をクリアできるか検討しましょう。

実力不足と感じるなら、もう少し現在の職場で腕を磨くことも一つの手です。

資格取得にせよスキルアップにせよ、転職準備はお金に余裕がある在職中にやるのがベスト

参考:教師のスキルアップや日々の業務に活かせて、転職にも役立つ資格6選

 

また、転職時期についても十分に気を付けなければなりません。

教師の場合は年度が替わる少し前(2月〜3月ごろ)から、転職の希望者が多くなってきます。

授業や部活を担当していると確かに転職を考える余裕は持ちにくいですですからね。

転職時期や辞め時などについては、こちらの記事が参考になると思います。

参考:【教師の辞め方】必要な準備と辞めるまでの流れを「4つのポイント」で解説!

 

ビズリーチ
5

BIZREACH

CMでもお馴染みのハイクラス転職サイト。
平均年収650万円の教師を辞めて新たな道に挑戦するなら、「高収入」は譲れないポイントですよね。
教師からの転職として安心なところは「教育・官公庁」など、公的機関にも関係する求人があること。
年収が下がるという転職の常識を打ち破ってくれるのも、教師からの転職として非常に魅力的です。